のんびりらいふ

妊婦〜子育て、暮らしのこと。などなどのんびりつづります。

胎児徐脈からの帝王切開③

次の日の朝、まずはバルーンを入れるところからスタートしました。

 

私は子宮口が1,2センチしか開いておらず、バルーンで3段階くらい広げてからの

促進剤投与という流れでした。

 

朝起きてトイレに行った際に、少し血が混ざっていたので

これがもしやおしるしか!陣痛促進剤打つ前に陣痛起こって産まれておいで〜!

と、頭の中で念じました。

先生に「おしるし来たみたいです。」と言ったら、

 

「じゃあ、促進剤やめて自然に任せましょうか!」っていうのを期待してたんだけど、

「お、いい調子だね!じゃあバルーン入れるね〜。」と、サクッと言われてしまいました。

 

バルーンを入れて、またNSTつけて様子を見る。

バルーン入れてるせいかなんだかお腹が生理痛みたいに痛い。。

しかも定期的に・・・。これってもしかして陣痛かしら?!

なんて思っていたら、またモニターの数値が落ちだして徐脈に。。。。

 

側にいた助産師さんに酸素マスクをつけられて、お腹の位置を変えても徐脈のまま、、

バタバタと3人くらいの助産師さんが急いで駆けつけた。

 

なんかドラマみたい・・・。

 

そんな事を考えつつも赤ちゃんの心拍が正常に戻り一安心。と思ったら先生が来て、

 

「赤ちゃん、下からのお産に耐えられないと思うので、帝王切開しましょう。」

 

と言われた。。。。