のんびりらいふ

妊婦〜子育て、暮らしのこと。などなどのんびりつづります。

胎児徐脈からの帝王切開⑤

旦那さんが来てくれてちょっと落ち着いたら今度は手術が怖くなって来た。

 

「大丈夫、大丈夫!すぐ終わるから。無事に2人とも戻って来るよ〜!」

 

そう声を掛けてくれた旦那さんの表情が全然大丈夫じゃない。笑

きっと旦那さんも怖いんだろうな。。。不安なんだろうな。。

と思って、私も出来るだけ明るく返事をした。

 

「そうだね!大丈夫だよ〜!頑張って来るね!」

 

手術をしましょう。と決まってから2時間後くらいには手術室へ向かっていた。

旦那さんと父親と手術室の入口で別れ、ドアが閉まった瞬間、手術が怖くて涙が出た。

 

手術台にのって背中に麻酔の注射をする。そんなに痛くない。

尿管を入れる。バルーン入れてたから痛みは感じない。

ここまできたらもうなんだか『どうにでもなれ!』的な心境になって、肚が座った。

もう死んでも良いや!みたいな。いや、死にたくはないけど、

何が起こってもどーんとこい!状態だった。

 

黙々と手術が行われる。何も感じない。

手術中は、私はどうなってもいいから赤ちゃんだけは元気に産まれますように!!

といった気持ちだった。

先生から「赤ちゃん出ますよ〜!」と言われてお腹をドゥルン!って押された。

 

しばらくして赤ちゃんの泣き声が。。。

 

「ゥ``ア``ア``〜〜〜〜」

 

えっ!なんか赤ちゃんの泣き声って「ふみゃあ」とか「おぎゃあ」とかじゃないの?

なんかめっちゃ苦しそうだし、モンスター的な泣き声w

 

その後全身を拭かれた赤ちゃんを助産師さんが顔の近くまで持って来てくれた。

 

「か、、、可愛い!」

 

初めて対面した赤ちゃんの印象だった。

生まれたてってしわくちゃでサルみたいで可愛く無いって誰が言ったんだ。。

めちゃくちゃ可愛いじゃないか!!!!!

 

感動して手術中だけど泣いてしまった。

あと、愛情がほとばしった。