のんびりらいふ

妊婦〜子育て、暮らしのこと。などなどのんびりつづります。

徐脈の原因

結局のところ、へその緒が首や体に巻き付いてたわけでもないし、原因は不明でした。

 

ただ、開けてみたら私の胎盤が人より小さく350gくらいしかなかった。

(普通は600g前後くらい)

へその緒が人より短く細めだった。

らしいです。

 

だいたい胎児の体重は胎盤の重さx5〜6倍位らしいので、

こんな小さい胎盤で2528gで産まれて来てくれた娘は、

胎盤から取れるだけの栄養を絞りとったのではないでしょうか。

 

胎盤が何故小さかったのか?も、原因不明らしいです。

そして、手術前のレントゲンにて、骨盤が狭いから頭ギリギリ通るくらいだね。

と言われていた私。下からのお産であったならばそうとうな難産だったでしょう。

そして出産後しばらくしてから出る胎便も、お腹から取り出してすぐ出ちゃった娘。

長時間のお産だったらお腹のなかで出しちゃって羊水混濁になってたでしょう。

 

そういった諸々の事情で

「アタチ、下から産まれる程もう体力残ってないし、ウンチも漏れちゃいそうだから帝王切開で出てくるワ!」

 

と決めて、徐脈というサインを出してくれたのかな〜と思えるようになりました。

 

元気に無事に産んであげられて本当に良かったです。

説明が最小限な先生もちょっと不満でしたが、帝王切開まで予測して前日に色々な検査をしていたお陰でスムーズに手術が出来ました。本当に感謝です。

 

引っ越しの関係で個人院から総合病院に転院したけど、

総合病院にして、本当に良かった!!!!