のんびりらいふ

妊婦〜子育て、暮らしのこと。などなどのんびりつづります。

赤ちゃんを産んでから知った、びっくりした4つのコト

赤ちゃんを産んでみて初めて知った事があります。

ママになるまで皆教えてくれなかったよ〜。

 

①ウンチの時の音。

「ビューーーーッ!!!」

何事?!えっえっ?赤ちゃんからこんな大きな音がでるの?!

ってくらい凄い音が出ます。

最初はびっくりしましたが最近は便秘気味なのでこの音を聞くと嬉しいです。

 

②この世の終わりかってくらい泣く。

オムツも変えておっぱいもあげたのに泣き止まない。

グズグズ泣くんじゃなくて引き付けを起こすんじゃないかってくらい

激しく、ドラスティックに泣きます。

 

最初にこの泣き方されたときはどこか痛いんじゃないかって心配し過ぎて

夜中に産んだ病院に電話してしまいましたw

 

「うちの子の泣き方が尋常じゃないんです!!!今から見ていただけますか?!」

ってww

 

今考えれば恥ずかしいけど、その時は本当に何かあったんじゃないかってくらい

泣き叫んでいたんです。助産師さんは落ち着いていて

 

「服を全部脱がせてみて外傷とか変なところが無ければ添い乳とかで落ち着かせてあげてください〜。多分大丈夫だと思います〜。」

 

といった感じでアドバイスされました。

結局なんとも異常は無かったです。

今はもう慣れたけど、あの泣き方は最初は怖いよ〜・・・・。

 

③おっぱいがカチカチになる。

授乳時間が空くと、こんなにおっぱいが岩のように固くなり熱をもち痛くなるなんて知らなかったよ〜〜。。。

カチカチで痛い時は搾乳機でしぼって捨ててました。

たまに旦那さんが哺乳瓶であげたりしてたけど。

 

③乳首が痛い。

赤ちゃんが産まれたら今までにないくらい乳首が酷使されます。

ヒリヒリして痛い・・・。授乳は幸せの時間じゃないのか。。

乳首耐久レースじゃないか・・・。

この時は本当に馬油様様でした。

1ヶ月もすれば頑丈な乳首に成長するので、今はどんなに吸われても大丈夫!!

 

赤ちゃんを産んでみないとわからないことってあるんだな〜としみじみ思った次第です。